初心者ギタリスト脱却方法

ギター練習を始めた初心者にとっては
できるだけ早く初心者を脱出して、
中級者、上級者とスキルアップしたいもの。

周りのギタリストより上手になって
目立ちたい、みんなをビックリさせたい、
と思ってこそ練習にも熱が入る。

今日は初心者を脱出するための
メンタリティや方法について
書いていきたい。

一曲演奏できれば立派なギタリスト

これは僕の持論だが、一曲通しで演奏できれば
立派なギタリストと胸を張っていいと思う。

何も難しい曲を弾けるようになる必要はない。
自分の好きな曲を簡単アレンジでいいから
一曲通すことができればギタリスト誕生だ。

一曲弾けるようになるまでの道のりについて
考えていきたい。

なりたいギタリストを明確にしよう

ギターの練習だけじゃなく、何事においても
目指すべき道をなるべく明確にすることは
大事なこと。

自分の目指すべき道がなければ
ひたすら同じところをさまよってしまい
成長するのに無駄に時間がかかってしまう。

あなたは何故ギターの練習を始めたのだろうか?
自分の中で動機を思い出し、できればノートなど
紙媒体に記録しておこう。

紙媒体に手を使って書き込むことは、
運動神経も使うことになるので、
自分の脳に記憶するのに有効である。

ギターを始めた動機、憧れているアーティスト
マスターしたい曲やマスターしたいテクニック
などをドンドン書き出そう。

そして、まずは自分でもできそうな最初の
目標を設定しよう。
その目標を達成するまでの期間と一日に
練習できる時間なども決めておこう。

最初に立てた予定通りにはなかなか行かない
かもしれないが、その時は軌道修正すれば
いい話だ。

ちなみに僕の場合はX JAPANのギタリスト
hideに憧れてギターを購入した。

hideになりたい!という思いがギターの
練習するモチベーションになっていた。

是非あなたも自分が熱くなれる対象を
設定してほしい。

そうすればきっと練習が楽しくなる。

最初はごまかしながら弾こう

初心者のうちはなかなか綺麗に音を
鳴らすことはできない。

弦を押さえる力も足りないし、
指の先もまだ固くなっていないから
当然といえば当然だが。

指先が痛くなるし、
正直最初のうちはギターの練習が
苦痛に思うことも少なくない。

ギター初心者に課せられた試練であるから
この時点では多少の忍耐力も必要だ。

大部分の初心者はここでギターを
放り出し、部屋のオブジェと化してしまいがち。

しかし、これを読んでいるあなたは
是非ここの試練を乗り越えてほしい。

一旦ギターを弾けるようになれば
練習も楽しくて仕方なくなる。
あの楽しさを味わわないうちに
やめてしまうのはもったいなすぎる。

この最初の試練を乗り越えるためには
ある意味不真面目さが必要である。

どういうことかというと、
例えばコードを押さえるときなど
必ずしもコードブック表通りに押さえ
なければいけないという訳ではない。

特に初心者にとって非常に手強いコード
であるFコード。

Fコードは弦を押さえる側の人差し指で
一弦から六弦まで一斉に押さえないといけない。

しかしこれは最初のうちはまずできない。

だから工夫というか手抜きをすることを
おすすめする。

名付けて簡易Fコード。
人差し指で一弦から六弦全部を
押さえるのではなく、
一弦と二弦のみ押さえるのである。

他の指は通常のFコードと同じ押さえ方だ。

これだったら初心者でも頑張れば
なんとかなる。

ベース音のF音は無くなってしまうものの、
ぱっと聴いただけではほとんど変わらない。

最初のうちは細かいことを気にしては負けだ。

ドンドンごまかしやズルをしながらなんとなく
形にしよう。

いきなり大真面目にガチンコの演奏を目指して
しまうと嫌気がさしてくる。

スターになりきろう

ギターを弾きながらドンドン自分に酔いしれよう。
鏡を見ながらギターヒーローになったつもりで
練習するとテンションが上がって練習が楽しくなる。

全然テクニックが無くても、そもそも音もまともに
ならなくてもいい。
ギターを持っている以上遠慮は禁物。

自分の部屋で一人でいる時は誰かに
見られている訳でもない。

自分のナルシズムを積極的に利用して
練習を楽しくしよう。

初心者のうちの練習は普通にやっていては
大変。

利用できるものはドンドン利用して、
とにかく自分をその気にさせよう。

スターになった自分、憧れのあの子に
自分の素晴らしいプレーで魅了している
つもりで練習しよう。

ライバルを見つけよう

ギターに限らず勉強でもスポーツでも
そうだが、一人で練習していてはなかなか
継続できないもの。

人の目がなければさぼっても誰も
何も言わない。

全部自分一人でやらなければいけないから
ついついフェードアウトしがちである。

そうした事態を避けるためにも
ギターのライバルを見つけることを
おすすめする。

学生であれば同じクラスや学年の
ギターを弾いている友達などがいいだろう。

社会人であれば、You TubeなどSNSで
ギターを練習している人を見つけるのも
いいかもしれない。

できればリアルで定期的に会える人が
いいだろう。

ギター仲間の見つけ方について
考えて行きたい。

自分よりちょっと上手なライバルを見つける

ライバルとして自分のモチベーション
維持にちょうどいい相手は
「自分よりちょっと上手な人」だ。

自分より明らかに上手な人だと
とうてい追いつける気がしないもの。

そのてん自分のちょい上くらいの
人だったら頑張れば追いつけるかも
しれないと思い、練習にも力が入る。

ライバルに負けないほど練習して
ライバルと切磋琢磨すれば、
実力アップもするだろうし、
ギター練習も張り合いが出て
楽しくなるはずだ。

そしてなるべく自分の目指している
音楽性と近いライバルがいいだろう。

あなたがアコギ弾き語りを練習している
のに、エレキの速弾きを練習している人
をライバルにしてしまっては、
力量の違いがわかりにくい。

目指している音楽性、目指しているアーティストが
似通っている人から見つけるのがいい。

オープンマイクで演奏しよう

ギターや他の楽器などを発表する場として
初心者でも気兼ねなく行ける場が
オープンマイクである。

オープンマイクは大体初心者歓迎の
所が多いから間違っても誰もバカにしないし、
暖かい目で見てもらえる。

年齢層も様々だ。

どちらかと言えば中高年の方が多い
かもしれないが、若い女の子や男の子
の前だと意識してしまい恥ずかしいと
言う人も少なくないだろうから、
ある意味気楽に演奏できる場である。

Facebookのイベントのページで検索
をかければ自分の住んでいる場所の
近くで開催されているオープンマイクを
調べることができる。

Facebookをやっていない人であれば、
自分の住んでいる地域名+オープンマイクで
インターネット検索をすれば、
調べられる。

不完全でもいいから、一曲弾けるようになったら
是非参加してみよう。

人前で演奏する、というプレッシャーがあれば
より練習に緊張感が出て、成果も出やすいものだ。

一番のライバルは自分

今までライバルを見つけようと散々書いて
きたのだが、最大のライバルはなんと言っても
自分自身。

一人ひとり手の大きさや、指先の器用さは違うから
どうしても上達には個人差がある。

他人と比べてばかりいると、他人より劣っている
自分が嫌になる可能性もある。

確かにライバルを作るのは有効な練習法
だが、一番比べるべき対象は過去の自分だ。

ひと月前の自分、三ヶ月前の自分、半年前の
自分と比較してどの程度上達したか、
をチェックしよう。

できれば一冊ギター練習用のノートを作り、
そのとき取り組んでいるテクニックや
到達具合などを書き込んで行こう。

そして、自分の苦手な部分をピックアップして
どうすれば苦手を克服できるか考えることが
大事だ。

また、ノートを作ることは自分に合う
練習法を確立させるのにも役立つだろう。

計画を立て、なるべく無駄の無い練習をし、
一歩一歩上達への階段を登っていこう。

タイトルとURLをコピーしました