まともな職歴はないがプライドだけは高い

底辺男のメンタリティ

プライドだけは年相応

僕はまともな社会人経験を積まないまま、アルバイトや派遣の仕事を転々としながらアラフォーになってしまった。
同世代の大半は立派な社会人として活躍している人が多いだろう。
課長や部長など会社の幹部として働いている人も少なくないはずだ。

自分自身、まともな社会経験がないことを自覚しているので、表向きは謙虚なつもりだ。
しかし、年齢だけは一丁前に立派なオッサンの年齢になっていることもあり、無意識の内にプライドは年相応に育ってしまっていると感じることもある。

例えば職場で年下の人にため口で話しかけられた時などは、心の中で「こいつ生意気だな」とムッとしてしまう。
年下と言えど、自分より勤務歴が長く、仕事ができる人なのでしょうがないことだが。
わかっちゃいるけど、どうしても体が反応してしまうのだ。

プライドは高くつく

これは僕の持論だが、プライドの代償はかなり高いと思う。
プライドが原因で仕事をやめたことも結構あるし(大体そうかもしれない)くだらないところでプライドを持ち出し、意地を張ると精神的に物凄く消耗する。
下手をするとそれが原因でうつ病になってしまう。

仕事をやめると当然収入は断たれるし、キャリアも身につかない。
新しい職場でいちから人間関係を作ったり、キャリアを身につけるのは心身ともに相当な負担がある。
そう考えるとプライドによる損失は今までの人生でお金に換算すると一千万円以上の損失になるんじゃないだろうか。

とんでもない大損失である。
一千万円あったら確実に今とは違う人生になっていたはず。
もしかしたら結婚して子供もいて幸せに満ちた人生を送れていたかもしれない。

オッサンになっても親元に住み、時給の安いコールセンター派遣社員というダメダメな現状に甘んじているのは、プライドや頑固さを貫いた結果ともいえるだろう。

プライドを取るかまともな生活を取るか

無駄なプライドを持っているがゆえに人生が軌道に乗ることなく、くすぶり続けているのは否めない。
とはいえ、プライドは完全に捨てるべきなのか、そもそも捨てることができるのだろうか。

まずはプライドを持つことのメリットを考えてみたい。
と思ったが、メリットがあまり思い浮かばない…
「めんどくさいなぁ」「つきあいにくいなぁ」「鼻につくなぁ」と思われこそすれ、好印象を抱かれることはない。
強いて挙げるなら、舐められることは少し減るかもしれない。

僕もそうだが、プライドが高い人は、他人との間に一定の壁を作る。
壁があることによって安易に近づいてはいけない、それなりに気を使わなければいけない、と思わせることができる。

プライドが高くなく、誰とでもすぐ親しくなれる人は、悪く考えると馴れ馴れしくされやすかったり、軽んじられやすいもの。
そういう意味では舐められにくくなる、というのはプライドが高いことの数少ないメリットかもしれない。

ただ、メリットらしいものはそれくらいで基本デメリットしかないんじゃないだろうか。
このまま底辺オッサンのまま、一人寂しく人生を送り、最後は孤独死、という事態を避けるためにも、くだらないプライドは捨て建設的な人生を送りたいと思っている。

まずは笑顔の頻度を増やし、親しみやすい人間を目指したい。

タイトルとURLをコピーしました