コロナ第一波のときのパチンコ屋叩きは現代の魔女狩り

底辺のオピニオン記事

コロナの恐怖やストレスを政権やパチンコ屋にぶつけた国民

今年4月~5月日本列島をコロナ第一波が襲った。
ニュースやワイドショーなどでは連日不安なニュースが流され、国民全員が極度の不安や恐怖のストレスに晒されることになった

やり場のない怒りはまず、政権に向けられ国民の大多数が安倍首相をこき下ろすという事態に。
自民党支持者というわけではないが、非常時に政権批判でうっぷんを晴らすという行為には嫌悪感しか感じない。

今は第一波以上に感染が広がっている第三波のさなか。
「GO TOトラベル」のせいで感染が広がってしまったという論調もよく目にするが、それは結果論ではないだろうか。

政府には国民を感染から守るとともに、経済を回し国民の雇用を守る義務もある
旅行や飲食関連ばかり手厚い保護をするのはいかがなものか、という意見はあるかもしれないが、感染防止と経済活動を両立させるしかないのである。

コロナを完全に封じ込めるか良質なワクチンができるまで、ロックダウンすれば感染者は激減するだろうが、そんなことをすれば一、二年は経済がストップする。
会社が倒産しまくり、自殺者や犯罪者が溢れ、コロナが蔓延するより深刻な事態になるのは明白だ。

こういった非常事態のときは政権批判よりもっと建設的な行動が求められるのではないだろうか。

そして第一波のときは政権とともに激しく批判された業種がある。パチンコ屋だ。
マスコミで悪の中枢とばかりに批判され、自治体からも休業要請が出された
国民の大多数もパチンコ屋に激しい罵声を浴びせた。
僕自身も当時はパチンコ屋に激しい怒りを持っていた。

しかし、パチンコ屋でクラスターが発生した例は確認されていないし、パチンコ屋の店内は客同士であまりしゃべることもない。
冷静に考えてみれば、そんなに感染リスクが高いわけではない。

しかし僕含め当時の国民はやり場のない恐怖感や自粛のストレスを思いっきりパチンコ屋にぶつけてしまった。

パチンコ屋批判は非常に危険な現代の魔女狩り

正直パチンコ屋にいい印象を持っている人が少ないのは事実だ。
ギャンブル依存の問題、夏の暑い日に客が子供を車に残し命を落とすいたましい事件も続いた。

僕もパチンコ屋にいい印象を持っていない。
しかし、コロナ第一波の時の根拠のない、パチンコ屋叩きは反省しなければいけないと思っている。

「よくわからないけどなんとなく人がたくさん集まっているパチンコ屋は感染が多そう」という漠然とした根拠で国民の大多数がパチンコ屋をバッシングしてしまった。

これはまるで社会不安から始まった、魔女狩りではないだろうか
「よくわからないけどとりあえずぶったたく」ということがまかり通ってしまっては、いつ自分が標的にされるかわからない。

根拠もなくバッシングされたり、職を追われたり、嫌がらせされるなんてことが許される訳はない。
僕自身も含め集団ヒステリーを起こした人は反省しなければならないだろう。

タイトルとURLをコピーしました