体内時計が正常に戻りつつある

うつ病

ブライトライトME+で夜10時くらいに眠気が来るようになった

ブライトライトME+を使い始めて三週間が過ぎた。
顔の近くで長時間浴びすぎたせいか、白目部分が充血し、白いできものができたためここ四日くらい使用を控えているが、ブライトライトME+のおかげか体内時計が正常に戻り始めているようで、夜10時くらいに眠気が来るようになった。

ウツっぽかった気分も改善してきており、目への負担は注意しなければいけないが、この製品自体は効果があるようだ。
約四万円という大金をはたいた価値はあったと感じている。

発達障害研究の第一人者吉濱ツトムさんが勧めているだけある。
やはり吉濱さんは発達障害やうつ病の対応策に関しては最も信頼できる専門家だ。(吉濱さんはスピリチュアル情報も発信しているが、正直そちらは信じていない)

吉濱さんはYouTubeやブログでわかりやすく、飽きさせない話し方で非常にためになる情報を発信している。そして不思議と吉濱さんの動画を見ていると癒される。
コミュニケーションや精神の不調で悩んでいる人にはおススメだ。

まだ眠りは浅い

睡眠薬なしで寝付ける日もでてきたが、まだ眠りは浅くたびたび目が覚める。
今日も朝4時に目が覚めてそれから眠れず、日中に眠気が来てしまい辛かった。

まだまだ、体質改善の途上のようである。
今度は眠りを深くするための心がけが必要だ。
眠る前のスマホは脳を覚醒させ、眠りの質を悪くするというのは頭ではわかっているがなかなか辞められない。

眠る前はスマホではなく、なるべく紙の本を読むようにしているが、どうしてもスマホに手が伸びてしまう。
一種の中毒なのだろうが、質の高い眠りを確保するためにはスマホを断つ工夫が欠かせない。

脳が「スマホを見たい!」と感じたとき、数秒我慢してみることから挑戦し、スマホへの欲望を少しずつコントロールしたいと思う。

ローマは一日にしてならず。質の高い睡眠も一日や二日では手に入れることはできない。
焦らず、じっくりと取り組んでいきたい。

タイトルとURLをコピーしました