底辺はなぜ底辺から抜け出せないのか

底辺はなぜ底辺に堕ちてしまい、底辺から抜け出せないのだろうか。
幼児園から周囲に馴染めず、アラフォーになっても恋愛経験なし・非正規社員・低収入という本物の底辺である僕が底辺について考えてみた。

底辺に落ちる原因は何か

ニート、フリーター、派遣社員、契約社員、ブラック企業の社員等、日本にはたくさん底辺の人間がいる。
なぜ彼ら彼女ら(僕も含めて)は底辺に堕ちてしまったのだろうか。

世間的には努力不足などと見られることも少なくないが、僕の見立てでは体質と家庭環境が主原因だと思っている。

僕は物心ついた時から精神的に不安定で対人関係が不器用であり、精神科医からも発達障害の傾向あり、と言われている。
しっかりとした統計は存在しないかもしれないが、底辺の9割以上は発達障害かその傾向があるのではないかと考えている。
僕の両親もかなり発達障害傾向があり、遺伝的な影響も大きいのだろう。

そして、底辺に堕ちてしまう人は家庭環境が不安定であることが多い。
僕の両親は某大手新興宗教団体の信者であり、僕も二世会員として活動していた時期もある。

新興宗教団体の信者は底辺層がメインであり、ほとんどの団体の教義はいい加減で、とにかく会員数を増やし「売上」を上げることばかり熱心だが、信者の人生のことなんて考えていない。

僕が属していた宗教団体もそうであり、活動を真面目に頑張ってもドンドン不幸になるばかりで、見切りをつけその団体とは距離を置くようになった。

底辺の親も「発達障害」を抱えていることが多く、新興宗教を信じていたり、教育方法が偏っているケースが多々見受けられる。

底辺から抜け出せるのは一部

生れつきの体質や環境が原因で必然的に底辺になってしまうケースが多く、そうした人間が底辺を抜け出し中流以上の生活を手に入れるのは簡単ではない。

発達障害傾向というハンデをカバーするほどの才能と継続力があれば、底辺を抜け出すのは可能だろうが、大多数の底辺はそれができない。

どうすればいいかわからないまま、非正規職やブラック正社員、ニートから抜け出せず年月だけがいたずらに過ぎていく。
コミュニケーション能力と経済力が無いため恋愛経験が無い人も多く、人生の幸福度は低くなりがちだ。

事実上の階層社会の下位層

日本社会は表向き階層は無いとされているし、色々なことにチャレンジする機会そのものはある程度均等に与えられている。

しかし、底辺層の家に生まれついた子供は、体質や経済力、周りの環境等の面で明らかに不利であり、中流以上に這い上がることはかなりのハードモードである。

たまたま、高い知能・高いコミュニケーション能力、容姿や歌などの一芸に秀でていて成功する人間もいるが、日本全体に数千万人はいる底辺全体から見ればほんの一握りだ。

現状では日本にはまだまだ階層が存在しており、その階層を取り払って中流以上の生活を送ることはかなり大変であるのが実情だろう。

どうしても底辺を脱したいのであれば、知識を蓄え、努力を継続しつづけなければならないが、それをしたとしても成功が約束されている訳ではなく、なんとも世知辛い話である。

タイトルとURLをコピーしました