一か所の底辺職場で仕事を続けることはいいことなのか

僕のような底辺は数か月・数年単位で底辺職場を転々としている人が多い。
しかし、一か所の底辺職場で10年以上勤務している人もたまにいる。

底辺として生きていく上では、どちらの方がいいのか考えてみた。

一か所で仕事を続ける方がまだマシ

大前提として、非正規やブラック企業社員、名ばかり正社員など底辺職でいる限り希望はないのだが、その中でどれがマシかと言えば一つの職場で続けている人の方がマシだとは思う。

僕は一か所で10年以上働いた経験は無く、非正規の職場を転々としているのだが、僕含め仕事を転々としてしている人は大体が何かしらの欠陥を抱えている

僕の場合は、他者とコミュニケーションを取るのが非常に苦手で、すぐストレスが溜まり体調を崩す。
僕のように体調を崩す人ばかりではないが、職を転々とする人はそれなりの理由がある。

以前勤務していたコールセンターでは、ギャンブル狂いで破産をしてしまった人がいた。
この人は物覚えは良く、業務の習得や応対スキルは非常に高いのだが、性格に難があった。

具体的に言うと、日常会話がつまらない上、自分が相手にされないとすぐに拗ねてしまう。
最終的にはあまり相手にする人もいなくなり、いじけて退職してしまった。

それに比べ底辺職と言えど一か所の職場で10年以上続けられるような人は社会人としての最低限のバランス感覚や、一通りのコミュニケーション能力があり致命的な欠点は無い人が多いように思う。

どちらもやばいことに変わりはない

底辺職と言えど、一か所で長続きできるほうがまだマシとは言えど、底辺職でい続けること自体がかなりやばいこと。
はっきり言ってしまえば、長続きするかしないかに関わらずお先真っ暗である。

僕も早く底辺から抜け出したいのだが、アラフォーにもなると選択肢が少ない。
コールセンター以外の仕事に就くとすると、一から積み上げていく必要があり、精神力と体力が持つか非常に不安だ。

年下の先輩に指導を受ける機会も増えると思われるが、まともな社会人経験は無いくせに、プライドだけは年相応にある

今から違う仕事に就いたとしても耐えられない可能性が高い。
かといって非正規のまま年齢を重ねるのもやばいしなぁ。
底辺を脱出するのは簡単ではない。

 

タイトルとURLをコピーしました