老後の生活が心配

未分類

年金免除期間が結構ある

僕は高校卒業してから約二十年フリーターやニートとして過ごしてきた

ニートや厚生年金に加入しないアルバイトをしていた時期も結構あるので、その間の年金は半額や全額免除の手続きをしている。

免除の手続きをしていれば年金の加入期間としてカウントされるが、将来受け取れる年金額は下がってしまう。

そもそも国民年金は満額納め続けたとしても7万円弱しかもらえない

僕のようにかなりの期間免除の手続きをしている場合はもっと低いだろう。

老後の生活はなるべく考えないようにしている

年金をしっかり納めていなければ、貯金もあまりない僕の老後はいったいどうなってしまうのだろうか?
あまり明るい未来を想像できないのが現実だ。

以前マッチングアプリで知り合った40代後半の女性は年金をほとんど払ってないとのことで将来どうなるか不安だと言っていた。

その人は胡散臭い占いの仕事をしているようだったが、年金も満足に支給されない人は高齢者になってもグレーな商売などで稼ぐしかないのかもしれない。

年金はしっかり納めよう

日本はドンドン高齢化社会になっていき、将来年金制度は破綻し、年金が受け取れなくなると言ったことが言われていたがそれはありえない。

受給開始年齢が上がり、もらえる額も減っていくだろうが、生活が成り立たないくらいに減ることは考えにくいと思う。

会社勤めの人は厚生年金に加入しているから問題ないけど、フリーターやフリーランスの人は国民年金をきちんと納めた方がいいと思う。

いつまでも若いわけではなく人間誰しも働けなくなる時が来るものだ。

タイトルとURLをコピーしました