底辺は結婚しないほうがいいのか

底辺男の家族

底辺男が家庭を持つのは夢のまた夢

結婚し子供を持つのは経済的に余裕が無いと厳しい。
最低限の生活費に事欠くようでは、まともな家族関係を築くのは無理だろう。

お金が全てではないかもしれないが、生活していくにはお金が絶対に必要であり、貧乏は不幸や仲たがいの一番の原因になるもの

夫婦共働きだとしても、夫の年収最低400万円は必要だと思う。

現代の日本社会は格差社会であり、稼いでいる人はたくさん稼いでいるけれど負け組である底辺側の人間の年収は150万円~300万円というのが現実

僕も年収300万円以上稼いだことが無い底辺だ。
この年収では自分一人生きていくのが精いっぱいであり、貯金もままならない。

ましてや家庭を持つことは夢のまた夢である。

底辺男だって結婚したい

経済的に厳しいとは言え、本音では結婚したい底辺男も少なくないと思う。
僕もお金さえあれば、結婚し子供も持ちたい

底辺にいるよう人間は変わり者も多いから、中には一生独身がいいという人もいるとは思うけど、大半は僕のように家庭を持ちたいというのが本音ではないだろうか。

一人でいるのは気楽だけど、寂しいし、動画だけでは物足りなくなり人肌も恋しくなってくるもの。生涯独身の人生は味気なく、寂しい人生だと思えてしまう。

独身が無難

低年収で貯金もあまりない底辺にとって結婚はリスクとなるのが現実。

二十代くらいまでであれば、貧乏から脱却できる可能性も低くはないが、40歳を超えて底辺から脱出するのはかなり難しい。

転職したくてもバイトすら受かりにくいし、仮に正社員で採用されたとしても年下の上司からの叱責に耐えられなかったり、体力が付いていかず仕事を続けるのが難しかったりする。

ほとんどの中年底辺は収入の低い非正規雇用で食いつなぎ、病気で働けなくなったら生活保護などで生活しているというのが実情だろう。

こう考えてみると初めから結婚なんて考えないほうが、自分のためかもしれない。
結婚のことを考えるとどうしても暗くなってしまう…

こうなったら日本に超好景気が訪れ、底辺中年でもチャンスをモノにできるような奇跡が起きるのを祈るしかない。

 

タイトルとURLをコピーしました