「3K新聞。日本を語る!」の転職王マーシーさんについて

底辺ブロガー研究

大御所底辺ブロガー

底辺ブログの読者であれば知っている人も多いかもしれないが「3K新聞。日本を語る!」のマーシーさんについて書きたいと思う。

100回以上転職した」と豪語する底辺ブロガー兼YouTuberであり、見た目や仕草は真面目な青年といった感じである。

しかし、清掃や農作業、倉庫作業といった作業系の仕事に応募し、高確率で内定を勝ち取るものの、大体勤務初日からバックレ、もしくは数日で退社することを延々繰り返している人だ。

僕も三十社以上転職歴があり、あまり偉そうなことは言えないがさすがにマーシーさんは正直酷すぎると感じる。

もはや迷惑YouTuber

100社以上転職や内定辞退、当日バックレを繰り返された企業側は損失を被っていることになり、社会に迷惑をかけていると言わざるを得ない状況だ。

自分が投稿したブログやYouTubeを見返しているハズだと思うのだが、自分で異常だと気付かないのだろうか?
もし、気付かないなら正常な感覚を持ち合わせていないのだろう。

一度、診察にお越しください

子供の頃甘やかされすぎたのをこじらせただけよ

あと、よく掲示板やブログ・YouTubeのコメント欄で「創作だ」と言われているが、創作では無いと思う
色々証拠も提示しているし、盛り上げるための多少のフェイクはあれど大体事実だろう。

あれだけの数の企業(ほとんどが体力の無さそうな中小企業)に迷惑をかけるくらいなら、むしろ創作であってほしいくらいだ。

 

 

ネットでの活動に専念した方がいい

マーシーさんのブログのコメント欄にも書かせてもらったが、もう普通に働くのは諦めたほうがいいと思う。

何をどぉぉぉぉぉーーーーーーーーーっ考えても日本中どの会社でも勤まらないだろう。

何も求人広告に応募して働くのだけが仕事ではない。

今はコロナ禍でもあり、パソコンだけで仕事を完結させて生活している人も多い。
マーシーさんも底辺ブロガー界では有名人だし、YouTubeもそこそこ伸びている。

ブログやYouTube以外にも、webライターやアフィリエイト、物販などネットで稼げる方法はたくさんある。

これ以上会社に迷惑をかけるくらいなら、ネットで稼ぐ方法を模索するべきだ。

 

タイトルとURLをコピーしました